初めてのクレジットカード anne petteroe|初心者向けクレジットカードの利用口座


クレジットカードはフリーターでも発行できる?フリーターでも便利なクレカを使いたい!

木曜日, 10月 18th, 2018

クレジットカードと言えば発行するためにはそれなりの年収や安定した職業など社会的なステータスが必要な印象もあますが、フリーターである場合には発行することは可能なのでしょうか。

クレジットカードと職業の関係について紹介していきます。

クレジットカードの発行に重要な社会的信用

クレジットカードは限度額の範囲内で後払いによる買い物ができるカードで、カード会社が店舗にお金を支払いその代金を利用者から回収する仕組みになっています。

そのため確実に代金を回収できるように、利用者の収入が安定しているかどうかというのは重要なポイントになります。

クレジットカードの申し込み時には職業や年収など資産の状況について審査が行われ、正社員や公務員など社会的な信用の高い方のほうがより審査に通りやすくなります。

では安定した収入を得られているとは言いがたいフリーターはどうなのでしょうか。

フリーターでも発行できるクレジットカードは存在する

月々の収入が定まらず、年収も安定しないフリーターは正社員と比較してしまうと信用力の面で心もとない部分もありますが、働き方が多様化した現代ではたとえフリーターであってもクレジットカードを発行してもらえる可能性はあります。

申し込みの条件は発行するクレジットカードによって異なり、さまざまなクレジットカードの中にはフリーターであっても申し込みが可能なところもあります。

また一概にフリーターといっても同じ職場で長く働いている方や、収入によってその印象は変わり、同じフリーターであっても長く勤めている方のほうが印象が良くなるのは言うまでもありません。

重要になるリサーチとカード会社選び

クレジットカードを発行したいけど年収などの条件がネックとなる場合には、まずクレジットカードを発行している会社にはどんなところがあるのか調べることが大切です。

会社によって条件や特典、年会費やポイントの貯まりやすさなどが異なるため、どこの会社でカードを発行するかは重要な部分でもあります。

またクレジットカードにはキャッシング枠を付けることのできるカードもありますが、キャッシング枠を設けることで審査がより厳しくなることもあるので収入の少ない方の場合には注意が必要です。

まとめ

ネットショッピングやキャッシュレス社会化していく傾向にある現代では、収入にかかわらずクレジットカードを持っておくことで便利になることがたくさんあります。

フリーターであっても条件や会社を吟味することでカードを持つことは決して不可能ではないため、事前に対策を練ったうえで申し込みを行なうことが重要です。